ダポキセチンは有名であるプリリジーとポゼットに含まれている早漏の成分です。こちらではダポキセチンの効果効能、副作用、そして一番大事な「服用するタイミング」などを解説していきます。

多様な薬と男性
  • ホーム
  • ダポキセチンを服用するのはいつ?

ダポキセチンを服用するのはいつ?

茶色の錠剤と瓶

数時間前に服用するのが適していますので、1時間から3時間前までには服用するようにしましょう。
効果の持続時間は約5時間ほどです。
1回のベッドインで2回ほどのセックスを楽しむ人が多いですので、十分な持続時間になるでしょう。
早漏を指摘されたことがある男性がパートナーを見返すには十分の時間です。
また男としてのプライドを取り戻すセックスになるでしょう。
ダポキセチンの副作用についても知っておきましょう。
吐き気や胃腸の不快感が多く、下痢の症状を感じる人も多いです。
また火照りや顔の紅潮や高熱といった症状もできることがあります。
ダポキセチンが含まれている医薬品を服用することで、それらの副作用は改善することが多いですが、続くようであれば医師と相談してください。
また持病があり医薬品を服用している場合は、併用ができる医薬品の確認のために服用の相談をしてください。
ダポキセチンが含まれている医薬品は早漏の男性に画期的な医薬品になりましたが。
取り扱っているクリニックが少ないのがデメリットです。
特に地方となるとこの問題は顕著に表れます。
それを改善する方法として個人輸入がありますが、医薬品になりますので初めての服用はやはり処方を受けた方が無難です。
保険を使うことができず自己負担となり大きな出費になりますが、一度安全性を確認して服用できることがわかれば、個人輸入で購入することができます、最初だけは医師の診察を受けると良いでしょう。
いろんな早漏改善グッズがありましたが、ダポキセチンが配合されている改善薬は画期的な方法になっています。
悩むことで性行為自体を避けてしまうこともありますので、気になるのであれば使ってみると良いでしょう。